霊園

ビル

霊園は地球?ニーズが高まる散骨について

霊園に頼らずに、お墓も要らないという方も増えています。
散骨という形がありますが、これはどこでもできるものではありません。
一応許可制になっていますし、料金もかかります。
よく海への散骨というと馴染みもありますが、これは船代が高いようです。
しかし、散骨の場合は、その後の管理費が一切なく、その場限りの料金で全て済むことになります。
山にしろ海にしろ土の帰るものですから、形としては本当の供養になるという方も多くいます。
子供がいない、家族がいない、一生独身という方に多い散骨。
海や山が自然の霊園ということですから、あこがれの形であるでしょう。
しかし、どこでも良いわけではなく、散骨は場所が決まっていますから、注意が必要です。

多磨霊園 石材店

多磨霊園 法事

霊園に関するページ一覧

霊園の管理を変わる時の手続きについて

霊園をいままで管理していた方が亡くなり、自分が引き継ぐことになった場合、手続きが必要になります。

霊園の色々なお墓 両家墓

霊園に行くと、様々なお墓がありますが、1つの墓に2つの姓があるものもあります。
これは両家墓と

霊園を使用しなくなった場合の永代使用料は返金は無理

霊園に申込をしたけれど、諸般の理由により、使用をしなくなった場合、永代使用料の返金を求めたけれど、返

霊園の移動をする時の手続きについて

霊園の移動を含むお墓の移動はそう簡単ではありません。
まお墓の移動は改葬と言いますが、まずはお