霊園の管理を変わる時の手続きについて

革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

霊園み

ビル

霊園の管理を変わる時の手続きについて

霊園をいままで管理していた方が亡くなり、自分が引き継ぐことになった場合、手続きが必要になります。
まず、その霊園を管理している会社や自治体に連絡をします。
寺院の場合は住職ですが、公営霊園はたいてい「継承使用申請書」、「霊園使用許可書」、新旧の名義人の続柄の証明、戸籍謄本(発効から6ヶ月以内のもの)、印鑑証明書(発効から3ヶ月以内のもの)、手数料が必要になります。
これらを持っていくことで、霊園の使用ができるようになります。
きちんと手続きを踏んでおかないと、後で面倒な事になったり、使用そのものができないことになりますから、必ず手続きをするようにして下さい。
民間霊園の場合は、底の場所によって変わります。